話し言葉のマイクロ英語!

 マイクロ英会話とは、アメリカに住む非ネイティブが日常生活の会話を通して、自分も知らないうちに、最小限の単語と文法で英語をツールとして使う『話し言葉』のための英会話法です。

 

 日本人の大人は、約5000語の日本語を使い生活していると言われています。

その5000語を英語のレベルで正確に話そうとするところに落とし穴があり、自分で英語のハードルを上げてしまっているのです。

 

 まずは、今知っている単語を使って自分の思いを英語で伝えることから始めるので、必要な時に単語を調べ増やせばOKです。

それに、日本人の平均的な英単語知識は700語以上はあるそうです。

 

『えぇー700語!』と驚かれているかもしれませんが、すでに日本語と同じように使用されている、デスクとかウィンドウ、ドッグ、キャットと言った言葉を含めて見てください。たくさん出てくるはずです!

 

英語は話せます!

 あと何個単語を覚えればとか、ネイティブになるためにとか、そういうことは置いておいて、いまの自分で話してみましょう! 

 

 文法は、「誰が」「どうする」「何を」、そう!ずばり、S+V+Oです。

これを、基本に自分の今知っている単語を、いろいろと変化させ組み合わせて、自分の言いたいことの「意味」を相手に届ける!


 自分の知っている単語で最初はOK、お腹が減ったら、つまりどうしても知りたくなったら、その単語を調べればいいのです。

皆さんが一生使わないテキストの中の難しい単語・フレーズを、勉強するのはもう終わりにしましょう!


日本人は本当に英語が苦手なのか?

決してそうではありません

言語を学ぶとはその国の文化を学ぶということなのです。

英語を話すのに必要なことさえ学べば、日本人でもまったく

問題ありません!

 

なによりも先ず、声を出してみること!

なぜ、声を出す必要があるのか?

それは自分の出す英語の音と、英語が話せる人との音の違いを感じる必要性があるからです。日本語の口と音では、英語は届きません!それが通じないということなのです。

映画で好きな俳優、女優さんたちの口の動かし方、顔の表情の動かし方をまねてみる。

1本の映画を10回見てものまねをして行くと、リスニングまで出来るようになります。

お問い合わせはお気軽にこちらまで

090-1224-5534

beetle_1@hotmail.co.jp